その他

アルミの精密切削加工、部品加工

アルミの精密切削加工

アルミの精密切削加工、部品加工は当社にご相談ください。
当社協力会社の貼付加工技術を用いれば下記のメリットがあります。

Q 精度向上
板金レーザー加工と違い、精度の高い切削加工になりますので、0.01mmの単位での精度を出すことができます。

C コスト削減
クランプを使って多数の工程がかかる工程とは違い、1つの工程で多数の製品の加工ができますので、
余計なコストはかからず、コスト削減につながります。

D 納期調整
加工機は昼夜問わず稼働できるような体制を取っており、夜間も長時間無人加工しております。
コスト削減になるように、夜間の無人の間に多くの加工をする様に加工計画を立てるため、夜間の
加工計画はいつもいっぱいです。そのため、納品までにお時間をいただく事もあります。

 

加工技術詳細

1.強力な両面テープとフラットな素材

強力な両面テープとフラットな素材
アルミ素材と樹脂板、機械テーブルを両面テープでしっかりと貼り付けます。
クランプを使用しないので、組み換えの工程無しで1工程で加工ができます。

2.溶剤を使った迅速な剥離技術

強力な両面テープとフラットな素材
使用している両面テープは非常に強力な為、普通にはがそうとすると精度に誤差が
生じてしまいます。
協力会社では、両面テープを剥離するために特殊な溶剤を使うので、簡単に剥離できます。

3.高速回転・高速制御の加工機

強力な両面テープとフラットな素材
多数個取りで多くの製品の同時加工を可能にするため、設備は高速回転、高速制御の
マシニングセンタで加工しております。

4.裏加工治具の容易な作成技術

強力な両面テープとフラットな素材
裏面を加工するときには、貼付加工に使用した樹脂板をそのまま治具として
活用することができます。
これにより、裏面加工においても高い精度を提供することができます。

加工サンプル

             異種類同時加工

材質アルミ(A5052)
異なる種類、異なる板厚を同時加工

精度が出ない量産対応してくれない納期が遅いなどでお困りでしたらまずはお声掛けください!

お問い合わせは永山まで。

メール

TEL

こちらの記事もおすすめ